食品添加物 

食品添加物

〜食品と生活を見直そう〜
   

食品添加物について知っていますか?



スポンサードリンク
 
食品添加物

私たちが毎日食べている食品には、日持ちを良くする、見栄えを良くする
などの理由から、さまざまな食品添加物が含まれています。

食品添加物とは「食品の製造の過程において使うもの、食品の加工や
保存の目的で食品に添加、混和、湿潤その他の方法で使うものをいう。」
と食品衛生法では定義されています。

ただ、砂糖や塩などは添加物ではなく、食品に分類されています。

添加物の種類
 現在、日本国内で使用されている添加物は次の4つに分類されます。     

指定添加物(345種)…有効性と安全性が確認され、厚生労働大臣が指定
              したもの

既存添加物(488種)…天然の原料から作られ、長年使われてきたもの

天然香料        …動植物から得られるもので、着香の目的で使用
               されるもの

一般飲食物添加物  …本来食品であるが添加物としても使われるもの

なかでも「着色料」は危険だと言われていて、着色料のなかには、
発ガン性の疑いがあるのもあります。ヨーロッパやアメリカでは使用
禁止になっているものが、日本で許可されている事もあります。

日本人の食品添加物摂取量は、1人あたり1日平均で約11グラムと推測され
1年間にすれば約4キログラム、50年間で約200キログラムもの食品添加物
を口にしていることになります。

食品として体内に入るものである以上、添加物は、人体に害のないもののみ
が使われるのが当然ですがで、実際にはたくさんの危険性が指摘されていな
がら、「少しなら大丈夫」という理由で使用が認められているのも少なくありません。

個々の食品では、極微量でも、現在の食生活では多くの食品に食品添加物が
使われていて、食習慣を誤ると身体に悪影響を与えてしまいます。

どんな食品添加物が有害なのかという知識を身につけ、食品表示を注意して
買い物をするよう心がけましょう。



  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                 
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved