合成洗剤

合成洗剤について

〜食品と生活を見直そう〜
   

合成洗剤つかってますか?



スポンサードリンク
 
合成洗剤ってなに?

 合成洗剤は、第一次世界大戦中、ドイツで開発され、第二次世界大戦後に、
 米国で油脂不足から石けんが不足し、石油から合成洗剤を大量生産するよ
 うになりました。
 
 石けんと異なり石油などの原料油から製造し、アルキルベンゼンに硫酸化剤を
 加えて硫酸化し、水酸化ナトリウムで中和したのがLASというようになります。

 合成洗剤は、それぞれに特徴が異なりますが、共通して言えるのは、石けんより
 も界面活性作用が安定しているということです。

 石けんは、海水中に入れると薄まり、またミネラルの影響ですぐに白濁し、界面
 活性作用をなくします。
 
 界面活性剤というのは、水と油を混ぜるためにつかうものです。
 水に、油性の汚れを落とす事はできません。そこで界面活性剤が必要と
 なるのです。
 
 もちろん、植物性の天然のものなら、アトピーの人でも使う事ができます。
 石油からつくられた合成のものは?
 
 合成洗剤は、たとえ薄められても界面活性作用が残ります。
 また、合成洗剤は、石けんよりも一般的にタンパク質吸着性や浸透性がすぐれ、
 洗い上がりに差を生んでいますが、同時に、このタンパク質吸着性と浸透性が、
 人体や環境の問題を引き起こしていると言えます。

 人間は、たんぱく質からつくられていますよね?

 総合的には石けんより合成洗剤の方が環境に与える影響は大きいと言えます。


  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved