自律神経失調症

自立神経失調症

〜食品と生活を見直そう〜
   

自律神経失調症について



スポンサードリンク
 
自律神経失調症とは?


自律神経とは、内臓器官をつかさどっている神経、すべてを調節している神経
なのです。自律神経は交感神経と副交感神経の二つです。交感神経は活動する時
寝ているときは副交感神経が優位に働きます。

自律神経失調症とは、自律神経が正常に働かないことをいうのです。疲れやすい、
だるい、朝が起きられない、おなかの調子が悪いなどの症状があります。でも
病院で検査しても、異常がない場合、お医者さんがつける病名です。

または不定愁訴症候群といわれます。xx病と診断がつかず、病名がつかないと
いう意味の病名なんです。

この病気になるのは神経が細かすぎて、いろいろ考えすぎて症状が出るというも
ので、一種のノイローゼという説です。また体質が過敏だから症状が出ると言う説、
ホルモンの異常といわれることもあります。

自律神経失調症は外からの刺激に対して、自律神経が体を守ろうと防御反応を起こし
て発症します。仕事や人間関係の悩みや恐怖心など、精神的なものだけでなく、

暑さや寒さ、痛さ、病気、けが、睡眠不足、騒音、空気汚染など、外からの刺激の
ほとんどがストレスからくるものです。
ストレスと付き合うコツ

● 完璧にこなそうと思わないこと

● 現実をみましょう

●趣味を持つ

●つらくなったら誰かに話しましょう

● 悩みを打ち明けられる心の友を持つ。

●軽い運動をする
趣味なんてない、なんて思わないで。今パソコンをみているじゃないですか(笑)
これも立派な趣味ですよ。

運動がキライでも、犬を飼っている人なら散歩しますよね。

そんなことでいいですよ。まずはお日さまにあたってみてくださいね。





  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
 
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved