偏食 

偏食

〜食品と生活を見直そう〜
   

お母さんたちを悩ます偏食



スポンサードリンク
 
偏食について

食べ物の好き嫌いを偏食といいます。昔貧しい時代、食べるものの好き嫌いは
起こりません。食べられるだけで幸せな時代がありました。

それに比べ、現代では栄養学の知識から一定食品ばかり食べてしまう事が
あります。これも立派な偏食です。

嗜好品を食べ過ぎる偏食、かまずに飲み込める食品ばかり食べる偏食。
病気になりすい偏った食べ方について考えてみました。


☆牛乳ののみ過ぎ

 牛乳は健康に良いと思って、飲みすぎる方がたくさんいらっしゃると思います。
 カルシウムも多く含まれているし、アミノ酸バランスもよく、栄養的にとても
 優れています。しかし一日に500mlのパック1本飲んでしまうとか、料理で
 使った日も牛乳を飲むのはやめたほうがいいでしょうね。



☆お肉の食べすぎ
  日本人は長年穀菜食の民族です。欧米人よりも腸が長く、腸内停滞時間
 長いので肉を多食すると腐敗発酵をおこしやすいのです。

 そのため中間産物として、有害な強酸類が吸収されて内蔵機能にも影響して
 くる事があります。肉は優れたたんぱく質食品です。

 たんぱく質が足りないと免疫力がつきません。免疫力がないと細菌感染になり
 やすいのです。しかし、食べ過ぎると免疫が過剰になり、アレルギー疾患を
 起こしやすくなります。


  ☆お菓子の食べすぎ

 甘いお菓子は楽しみです。健康になる為に、お菓子を食べる人はいませんね?
 甘さの中心は砂糖です。砂糖は虫歯や、糖尿病を引き起こします。それ以外に
 無気力になってしまう恐れがあるのです。

 砂糖は体の中の酵素の働きによって始めてエネルギーになります。この酵素は
 ビタミン・ミネラル類からできています。特にビタミンB1がが必要とされますが
 加工食品などを食べる機会がおおい現代人はB1が不足しています。
 砂糖は純粋の糖質なので、多量に摂取するとB1の消費だけとなりつかれや
 すくなり、元気がなくなってしまうのです。

  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved