アトピー 

アトピー
〜食品と生活を見直そう〜
   

アトピーって?



スポンサードリンク
 
アトピーについて


アトピーとは?
アトピーの語源はギリシャ語で、「奇妙な」とか「訳のわからない」という意味になり
ます。アレルギーのT型とW型の混合といわれていて、今までの医学的な概念が当てはまらず、原因不明な病気と言われていました。

日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の診断基準」によると、アトピー性皮膚炎の
定義は「遺伝またはなんらかの原因で、IgE抗体を作りやすいアレルギー体質になること
によって発症する皮膚炎」となっています。

遺伝やストレスなどの要因により体の中のIgE抗体をつくりやすい体質の人が、アトピー
を引き起こすアレルゲンに対してアレルギー反応を起こしてできる皮膚炎のことなのです。
つまり、アレルギーのひとつになります。

アトピー性皮膚炎にかかると皮膚が乾燥(ドライスキン)した状態になり、角質(皮膚
の表面部分)の中にある「セラミド」(保湿機能とバリア機能)がうまく働かなくなり
さらなる発症や悪化を招くという悪循環になってしましいます。

我が家の子供はアレルギーで、アトピー性皮膚炎と診断されていました。
アトピーは、寝ているときとても痒がります。

そのたびに、起きて薬を塗ったり、背中をなでてあげたりと、とても寝不足だったことを
覚えています。子育てで最も辛い時期でした。

アトピーには保湿が大事ということで、ローションや石鹸なども保湿剤の入っている
ものを、子供専用に買い、新製品がでればかって試していました。

ですが、食品に気をつけていくようになってからは、少しづつですが
改善されていきました。


  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                  
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved