アロマテラピー 

アロマテラピー

〜食品と生活を見直そう〜
   

アロマテラピーって?



スポンサードリンク
 
アロマテラピー療法


アロマは「芳香」、テラピーは「療法」を意味するフランス語で、まず精油
(エッセンシャルオイル)を 使用することが基本です。アロマテラピーに使う
精油はその芳香と薬理効果が認められた 植物から抽出された濃縮な揮発性
の液体です。

芳香が鼻から脳へ伝 達され心や体に効果をもたらします。

またマッサージやお風呂などに使用した場合は、皮膚から 血液・リンパ液へと
吸収され、香りを楽しみながら心身の健康と美しさを保つ目的で実施される、
健康療法です。

アロマテラピーでよく知られているのがラベンダーの精油ですが、鎮静・
弛緩効果があります。例えばラベンダー。その香りが脳に伝わりストレス
を鎮め、体に吸収 された有効成分が筋肉の緊張をほぐしてリラックスさせてくれ
るので、ラベンダーはストレスや不眠に効果があ
ると言われているのです。

■注意点

☆用量を守りましょう。また原液を肌に塗ってはいけません
エッセンシャルオイル(精油)はもともと植物に含まれていた状態から、いくつかの
過程を経て濃縮されているので、使うときには方法によっての用量を守ることが
大切です。特に直接、薄めずに皮膚に塗ることは絶対にいけません。
エッセンシャルオイルだけでなくアロマテラピー実践において使う基材は他のもの
でもきっちりと分量を守るようにしてください。

☆適度に換気する
鼻は疲れやすく、鈍くなるのも意外と早いので、気分転換と喚気をしましょう。

☆医療品として使用しない
アロマテラピーは日本では医療として扱われず、
リラクセーション方法のひとつです。

☆子どもへのアロマテラピー
子どもや妊産婦に対しては特に注意が必要です。

柑橘系のオイルは(レモン、ベルガモットなど)などはその成分の中に紫外線
に反応して、肌に炎症をおこしたり、しみ、色素沈着、かゆみなどを示すもの
が含まれています。これらのエッセンシャルオイルを皮膚に塗った場合、すぐに
その部分を日光に当てないようにします。肌の状態はもちろん個人差があります。

☆保管場所
エッセンシャルオイルには引火性があるので火気には十分、注意しましょう。
また、高温多湿を避けて保管しましょう。

☆使用期限
エッセンシャルオイルは早目に使いきり、香りに変化が感じられたらそのオイル
は使わないようにします。

☆類似品と間違わず入手する
 エッセンシャルオイルだけを使用しましょう。

☆絶対にエッセンシャルオイルを飲んではいけません

☆皮膚の刺激について
 個人差がありますが、特に敏感肌タイプの方はパッチテスト
 をしてから使いましょう。



  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  
食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved