食品 生活 

食品と生活で幸せに暮らす♪

〜食品と生活を見直そう〜
   

食品から生活を考えてみませんか?


スポンサードリンク
 

食品と生活の関係


昔、人間の食べる食品は自然のものでした。
木の実や魚、野生動物などですね。

その頃の食事は、生活の中で大きなウェイトを占めており、生きていく上で
とても重要な事でした。

自然にまかせる食事は、生活を不安定にさせます。魚が大量に取れる日も
あれば、海が荒れて取れない日もある。
木の実がたくさんなる年、取れない年。
そのために、人間は畑をつくり、生産を行うようになっていったのです。


この頃から自然と同居した農業が、だんだん変わり始めます。
ヨーロッパで産業革命が始まった頃から、機械化がはじまってくるのです。
石炭・石油を使う化石燃料の時代が、人間の食生活を変化させていきます。


日本でも江戸時代までは、自然な農業だったのですが、明治になり
ヨーロッパの文化がはいってきて、影響を受けるようになります。


明治維新により、政治・経済・文化が大きく変わります。明治政府は
西洋文化を取りいれ、生産拡大していきます。
医学もドイツからとりいれて、日本独自の遼術は切り捨てられていきました。


日本は産業により発展を遂げ、勢力を広げ戦争につきすすんでいきます。
敗戦後、経済中心に発展していくようになり、企業は設備投資を重ねて
大きくなって、高度成長がすすんでいきます。

その結果、環境汚染が起こりますが、経済的には豊かになり、
食べ物があふれるようになったのです。

輸送技術のは発達、保存・加工技術の発達で、加工食品が増えました。
加工食品や、保存食品が食事の質の低下を招いていったのです。


保存・加工食品を食べていると、食品添加物が体の中に多く入り、
さまざまな体調不良を引き起こすのです。

私は子供のアレルギーから、食事を見直すことになりました。
食養療法、マクロビオテック、漢方…

そして本当に「食事と生活」を見直す事が大事だと感じています。



  TOPページ
 

  食生活の変化
  
  食品は最高の薬

  食品は口から

  食品添加物
 
  アレルギー
 
  アトピー

  自律神経失調症
 
  偏食
 
  マクロビオティック

  合成洗剤

  アロマテラピー
                  
  糖尿病
 
  プロフィール



  リンク
  

スポンサードリンク

食品と生活 TOPに戻る
Copyright (C)  All Rights Reserved 
[PR] ジュエルレン 背中ニキビ